logo
Home

熱 力学 法則

熱力学講義ノート 上田正仁 年5 月8 日. 3 カルノーの定理 熱力学第2法則の重要な帰結として,二つの熱源の間に働く熱機関の効率につ いて,次のカルノーの定理が成り立つ。. See full list on rikeijin. 16Kとする温度目盛りのことを理想気体温度目盛りといい,この原点(絶対零度)を基準にして測定される温度を絶対温度という。絶対温度と摂氏温度の温度目盛りは等しく,摂氏温度tt℃と絶対温度TTKの間には,次式の関係がある。 また,物質に依存しないで温度を定義する方法として,可逆サイクルの熱効率と熱源の温度の比で決定される温度を熱力学的温度といい,絶対温度や理想気体温度と等しい。この温度については,後述する。 熱 力学 法則 温度は温度計を用いて測定するが,この温度計を用いる際に重要となる概念が,熱平衡である。例えば,物体Aと物体Bを接触させ,十分に長い時間経過させると,互いに熱の流入出がなくなる。このとき,物体Aと物体Bは熱平衡の状態にあるといい,AとBの温度は等しくなる。また,図1.

熱力学的過程; 熱力学第1法則; 等温・定圧・定積変化とp-vグラフ; 断熱変化とp-vグラフ; 熱力学的サイクルと熱効率; 様々な熱力学的サイクル; ファン・デル・ワールスの状態方程式; 臨界点と還元状態方程式; 公式のまとめ-熱力学篇-. 熱力学第一法則とは、平たく言ってしまえば「内部エネルギーがどのように変化するか?」を表した法則です。内部エネルギーの変化量は、外部から加えられたまたは放出した熱量と、外部からされたまたは外部にした仕事の和で表せる、という法則で、その成り立ちについて高校生や受験生に. 熱力学第2法則とはどのようなものでしょうか? 熱力学第2法則を表現したものととして、これから述べる「クラウジウスの原理」と「トムソンの原理」が知られています。.

3熱力学第0法則 演習問題1. 熱力学講義ノート 上田正仁 年7 月10 日. 我々の結果は量子力学と熱力学第二法則 を直接的に結び付けるシナリオを明らかに したと言え,量子多体系の非平衡ダイナミ クスのより深い理解につながることが期待 される. 1 ⃝c 日本物理学会 日本物理学会誌Vol. 内部エネルギーu は状態関数である(ひとつの系の状態についてu は一意的に決 まる). 2. 熱力学第一法則は、力学の法則を無視したものではなく、きちんと力学の法則に則った法則です。(参考記事:内部エネルギーの絶対値はどのくらい?)熱というもの熱もエネルギーの一種? 熱力学第一法則では、もうひとつ大事な概念があります。.

熱力学第一法則 の説明をします。 「熱力学第一法則」と「状態方程式」を用いて熱力学を理解することを目的とします。. 熱力学的な状態関数は、 f(P,T,V)=0・・・(2) として関係式が成り立ちます。 理想気体の場合 pV=nRT・・・(3) 理想気体でない場合(ファン・デル・ワールスの状態方程式) p=RTv−b−av2・・・(6) 気体についてはこの2つを覚えておくとだいたい良いだろう。. 法則に起源があり,可逆過程,不可逆過程を問わず常に成立する. 熱力学第1法則のほかの表現として次のようなものがある. 1. 「熱力学第一法則」は dQ=dU+pdV・・・(1) でありましたが、これを理解できるような形に式変形していきましょう。 次の3つの環境下で考えることにします。 まず、一般(A)を述べた後で、具体的な(B)(C)と説明することにします。. 1ジュールの実験 ここで,物質を加熱もしくは冷却した際に,状態変化の表れ方として温度変化を伴う場合,その熱のことを顕熱という。一方,固体から液体,液体から気体など,相変化を伴う場合,その熱のことを潜熱という。図1. 3に示すように,物体Aと物体Bが熱平衡の状態にあり,物体Aと物体Cが熱平衡の状態にあるならば,物体Bと物体Cは接触していなくとも,熱平衡状態にある。この原則を熱力学第0法則という。 図1. 熱 力学 法則 「熱は温度の低い方から高い方に自然に伝わることはない」 この記事の最初に書いたことで、クラウジウスの定理の説明としてよく使われます。これだけ聞くと誤解する恐れがあります。「自然に伝わることはできくても、人工的にならできる」という誤解です。 クラウジウスの定理は、人工的だろうとなんだろうとできないものはできないということを示したものです。熱移動装置なるものを使って説明したのもそれを明確に示すためです。 人間がどんな工夫をしても、どんな複雑な熱移動装置を作っても、低温熱源から高温熱源に熱を移す熱移動装置は作れないのです。 一見、低温熱源から高温熱源に熱を移動する熱移動装置と思えるものは作れます。エアコンがそれです。クラウジウスの定理でできないとされている熱移動装置と、エアコンは何が違うのか、ここを明確にしておかないと、後々困ることになります。 それで、ここまで長々と説明したのです。 普通の教科書では、クラウジウスの定理は簡単に流されます。ほんの数行の記述で終わりです。ですから、なんとなくわかったような、わからないような、という状態のまま次に進み若がわからなくなってしまうのです。 って. 「熱は温度の高い方から低い方に伝わるが、温度の低い方から高い方に自然に伝わることはない」 この説明で気になるのは「自然に伝わる」の意味です。このままでは曖昧なのでもう少し明確にしなければならないでしょう。 実は、ここが熱力学第二法則のミソです。ですから、少し詳しく説明してみましょう。 熱力学での「自然に」の意味は、下記の記事でも説明しています。具体例がある分、分かりやすいかもしれません。 (iPhoneが自然に出来上がることはあるのか? 自然にの二つの意味).

「状態Aから状態Bになる現象」と,「状態Bから状態Aになる現象」がどちらも “自然に” 起こるとき,この現象を「可逆変化」と呼びます。 これだけではイメージしにくいと思うので,具体例を挙げましょう。 可逆変化の具体例は,振り子の運動です(空気抵抗はないものとする)。 振り子のおもりが左の最高点にある状態をA,右の最高点にある状態をBとします。 振り子は往復運動をするので,AからBへ向かう運動と,BからAに向かう運動はどちらも “自然に” 起こります。. 99kg) <正員> 熱 力学 法則 熊野 寛之 ◎青山学院大学 理工学部機械創造工学科 教授 ◎専門:伝熱工学,固液相変化伝熱,相変化スラリー,ハイドレート,物性値計測. 熱力学第二法則(ねつりきがくだいにほうそく、英: second law 熱 力学 法則 of thermodynamics )は、エネルギーの移動の方向とエネルギーの質に関する法則である。 また エントロピー とその概念に密接に関係するものである。 See full list on qiita. 19kJ/(kg·K),氷の融解潜熱を334kJ/kgとする。 (答:温度=0℃,氷の質量=0. 完全に余談であるが、ここで解析力学との関連性について触れておこうと思います。 独立な2つ変数を決めれば、熱力学による状態は決定するという話をしました。 これは、単なる数学的な手続きでもあるが、別に熱力学に限った話ではありません。。 力学的状態も一般座標qと一般速度˙q(あるいは、一般座標qと一般運動量p)の独立な2変数さえ指定すれば、力学的な状態は決定することができます。 力学的な状態が決定されるとは、すなわちハミルトニアンH(q,p)が決定されるという意味であり、解析力学では「ハミルトンの正準方程式」を用いれば運動方程式が与えられるという解釈になります。 「運動方程式さえ与えられれば、数学的手法を用いて、解を求めることができるので、力学的状態は決定される」と、ここでは言っています。 このように熱力学も解析力学も独立な2つの変数を指定すれば、おのずと状態は決定されるという意味において、ほとんど同じ数学的な手続きによって現象を理解することができます。 そして、「熱力学」と「解析力学」という学問の隔たりはなくなり、単なる数学的な手続きにおいて両者の学問を区別する意味はほとんど感じられなくなる・・・・・かな。 (めちゃくちゃ偏った見方かもしれないが・・・) ちなみにせっかく選んだ2つの変数を、あとで別の変数に置き換えたいときどうするのでしょうか? 例えば変数として、圧力とと温度を選んだが、やっぱり体積と温度を変数にした方が議論がしやすい・・・など。 それは、数学的には「ルジャンドル変換」を施してやれば良いですね。 せっかくなので、ルジャンドル変換を簡単に説明しておきましょう・・ ある関数f(x)があったとする。 「fの曲線の形を表現する」というのは、今の場合だと「変数xを変化させる」ということになります。 しかし、「fの曲線の形を表現する」というのは、「その接線を作り、y切片を変化させる」ということでも表現できるのである。 そうすることで、「変数はx」から「y切片(変数pと置く)」へ変数変換することができたと解釈することができます。 説明が雑過ぎましたか(笑) ルジャンドル変換. 熱力学第一法則を今一度、しっかりと見つめ直しましょうkeyword仕事、熱、熱力学第一法則【訂正】23:39 「Pも一定」と言ってしまっていますが. 熱力学第二法則 中央に仕切板のある水槽の左右に 「20℃の水」 と 「90℃のお湯」 が入っています。 仕切板を伝って熱は移動しますが、「20℃の水」 から 「90℃のお湯」 の方へ熱は移動しません。.

熱力学第0法則とは, 系aと系bが互いに熱平衡状態であり, 系aと系cもまた互いに熱平衡状態であるならば, 系bと系cも熱平衡状態である, という法則であり, 熱力学の大前提である. . 熱力学という学問は物理の中でも”個人的”にとても曖昧な学問のように感じています。 理由は、元の原理がなんなのかよくわからないからです。 熱 力学 法則 と、このように現象に対して解くべき方程式が用意されています。 要するに上の偏微分方程式を解けば時々刻々と変化する現象を理解することができるです。 それが熱力学ときたら? こんな感じで、いきなり全微分の変化量として法則を定義しています。 仕方が無いので、(1)を認めるとして永遠にこの全微分と偏微分のまま式変形を繰り広げて、現象論を学ぶ必要があるので、数学が苦手な人は、まー慣れるのに時間がかかります(´・ω・) ひとまず、(1)は認めるとして、それと馴染みのある「状態方程式」を使って現象を整理したいと思います。. See full list on jsme. 「内部エネルギー」と言われてもピンとこないでしょう。 具体的に言えば、内部エネルギー、すなわち内部の状態とは、温度T、圧力P、体積Vなどの状態量のことを指します。 それでも曖昧さが残るのはなぜか? だいたい温度とか圧力とか実態は何なのでしょうか? そこを話さなければならない気がします。 熱 力学 法則 話し出すと長くなるので、簡単に言えば、「気体分子運動論」によると、 これらを内部的な状態として、人が観測するのです。 観測するときに、圧力や温度を観測するがそれは本質的には同じものを測っているようにも思える。 なぜなら熱力学的な状態は、温度T、圧力p、体積Vなどの独立な2つの変数さえ指定すれば、状態は決定されるのである。 だから、視覚的に考えやすい体積V(閉じた空間)を変数として選ぶとすれば、あとひとつを状態変数として選択すれば、考えるべき状態と言うのは決定されるのである。 だから、例えば圧力pを観測すれば(変数として選択すれば)、温度Tは測定しなくても「測定したと圧力pと体積V」との関係式から決定することができるのです。 では、その温度Tは体積Vと圧力pとの関係式とは、なんでしょうか? それは、、熱力学的な状態関数は、 f(P,T,V)=0・・・(2) として関係式のことです。 お分かりでしょうが、温度T、圧力p、体積Vなどの独立な2つの変数さえ指定すれば良いと言った意味は(2)式のような関係式があるために、 未知数:3つ 式:1つ なので、未知数を2つ指定すれば問題は解けるということを言いたいのだ。 熱 力学 法則 さて、ここで f(p,T,V)=0・・・(2) とは具体的には何でしょうか?. 熱力学第一法則は、数式で書くと dQ=dU+pdV・・・(1) であるが、これは単に「エネルギーの保存則」を言っているに過ぎません。 すなわち、 と言っているです。 なんにも難しいことではないですね。 でも、とても曖昧な感じがしませんか? 一体、「内部エネルギー」とは何でしょうか?. 振り子の話が熱と何の関係があるのかというと,ぜんぜん関係ありません(笑) 熱に関係があるのは,可逆変化ではない方です! 「状態Aから状態Bになる現象」と,「状態Bから状態Aになる現象」のうち,片方は “自然に” 起こるが,もう片方が “自然に” 起こらないとき,この現象を「不可逆変化」と呼びます。 不可逆変化をコーヒーを例に説明しましょう。「コーヒーが熱い状態」をA,「コーヒーがぬるい状態」をBとすると,AからBは “自然に” 起こります。 たとえば熱いコーヒーを部屋に置きっぱなしにすれば,それだけで勝手にコーヒーは冷めます(熱平衡)。 ところがその逆,BからAは “自然に” 起こりません! ※ さっきから “自然に” を強調していますが,これは「特別な操作をしない」という意味です。 コーヒーの例だと,BからAは自然には起こりませんが,道具(火や電子レンジなど)を使って加熱すればコーヒーは熱くなります。 可逆変化なのか不可逆変化なのかを判断するときは「道具を使えば」や,「力を加えれば」などを除外して考えてください。. 熱力学第1法則 熱力学第1法則とは.

熱力学 熱力学の法則 熱力学(ねつりきがく、英: thermodynamics)は、物理学の一分野で、熱や物質の輸送現象やそれに伴う力学的な仕事についてを、系の巨視的性質から扱う学問。. さらに,熱力学第1法則からq+ = w +q であり,w,q ともに正の量で あるから,q+ も正でなければならない。 6. 熱力学第1法則では、気体が吸収したまたは放出した 熱量 Q (熱量”quantity of heat”に由来)を正負の符号で表しますよ。. 最初に熱力学第二法則にはクラウジウスの定理以外にも色々な表現方法がありことを説明しました。なぜ、色々な表現方法があるのでしょうか。 それは、熱力学第二法則は、その現象が起こるかどうかの判定基準を示すものだからです。 色々な表現方法があるということは、色々な判定基準があるということです。 どの判定基準を使おうが判定結果は同じです。判定結果が同じであることさえ保障されていれば、時と場合によって使いやすい基準を使えばいいのです。 ちなみにクラウジウスの定理は、判定基準として汎用的ではありません。「この現象を使って熱移動装置が作れるかどうか」なんて考えて判定するのは大変です。 ただ、直接熱が関与する現象には適用しやすいことと、意味が分かりやすいことが長所です。 何しろ「熱は温度の高い方から低い方に移動する」という私たちの常識と直感に適合することを厳密に表現したものです。この納得のし易さが最大の長所でしょう。 での、ここに留まっていては先に進めません。 もう少し汎用的な熱力学第二法則の表現に進んでみましょう。 自然にの意味が納得できない場合は、以下の記事を参照して下さい。 (iPhoneが. ここで、クラウジウスの定理の正式な表現を紹介しましょう。教科書によって表現の違いはありますが、意味することは同じです。 低温熱源から高温熱源に熱を移すとき、他に何の変化もおこさないようにすることはできない。 「熱は温度の高い方から低い方に伝わるが、温度の低い方から高い方に自然に伝わることはない」という簡単な説明とは、色々違う個所がありますね。 まず熱源という言葉。「温度の高い方」「温度の低い方」ではなく「高温熱源」「低温熱源」という言葉が使われています。これは、その方がかっこいいというだけではなく、ちゃんと意味があります。これについては後述します。 それと「他に何の変化もおこさないようにすることはできない」という言葉。おそらく「自然におこることはない」に相当するものだとは想像がつきます。 しかし、ここまで「自然に起こる」の意味を散々考えて「外部と何もやり取りしない状態で、いつまでも起きること」としたのに、それとも違う表現になっています。 もう少し考えてみる必要がありそうです。.

熱力学第一法則を物理学科の僕が解説する; 熱力学第二法則を宇宙一わかりやすく物理学科の僕が解説する 【失敗談】エンジニア就活で失敗した4つのことと対策【簡単に防げる】 【エンジニア就活】20卒旧帝大学物理学専攻学生の体験談【3社内定】. 高校物理だと影の薄い熱力学第2法則ですが,本当はかなり重要な法則です。 この法則からは色々と興味深い結論が得られるのですが,前回やった熱機関について,熱力学第2法則から「熱機関の熱効率は決して1(100%)にはならない」ということが証明できます(計算は高校物理の範囲を超えるので省略)。 逆に,熱効率が1にならないことから,「熱は高温の物体から低温の物体に移動する」ことを証明することもできるので(この証明も省略),「熱力学第2法則とは,熱効率が1にならないことである」と言っても構いません。 このように熱力学第2法則には異なる表現がいくつか存在します(興味のある人はぜひ調べてみてください!)。 ところで「永久機関」というものをご存知ですか? 一度動かしたら永遠に動き続ける機械のことで,歴史上多くの人がこれを夢見ては敗れ去っていきました。 永久機関とはエネルギーロスがない(=熱効率が1)機械のことなので,熱力学第2法則から永久機関は絶対に作れないことが証明されます。. 物体* 高校物理では主に気体の物体。 閉じる を加熱すると、内部エネルギー(=分子のスピード=温度)が増加します。 物体に仕事をしても、内部エネルギーが増加します。. 大気の熱力学 乾燥大気 湿潤大気 大気の熱力学(1) 熱力学第1法則:the 1st law of thermodynamics ⊿U(内部エネルギー増加)+⊿W(外へする仕事) = δQ(加熱量) 理想気体(ideal gas)を考える。 単位質量(unit mass) を考える。. 熱力学第二法則(ねつりきがくだいにほうそく、英: second law of thermodynamics )は、エネルギーの移動の方向とエネルギーの質に関する法則である。 また エントロピー とその概念に密接に関係するものである。. はじめて熱力学第二法則を学ぶ人は以下の2点は最低限覚えておく。 【超ざっくり熱力学第二法則の説明】 熱の移動は「温度の高い方」から「温度の低い方」へと移動するのが自然。 その逆は起こらない。 熱をすべて仕事に変換するエンジンは作れない。. (16)式の導出の際に、 「定積比熱Cvも定圧比熱Cpも一般的には温度依存性がある(あってもおかしくない)。」と述べました。 定数ではないということを述べたのですが、そのような時にどのように扱えば良いのでしょうか? その場合っでも何も慌てる必要はです(笑)・・・ 繰り返しになりますが、理想的な状態(定数)から少しずれるのですから、ちょっと補正してやれば良いだけなです。 ただ、どのように温度に依存するかはわからりませんよね。 線形に変化するのか、非線形か?? わからないから、とりあえず多項式で書けば良いでしょうね。 Cv=a+bT2+cT3+dT4+・・・・・・(23) Cp=α+βT2+γT3+δT4+・・・・・・(24) こんな感じです。 そして、(23)(24)式の多項式の定数を物性値として与えてやって、それをデータベースして物性値としてまとめておけば良いのです。.

熱力学第二法則とは、熱が動く方向や、エントロピーにかかわる法則である。この法則は経験則的なものであり、実はこの法則の物理的な証明は最近まで無かった。ところが、年にようやく、東大が量子力学を使うことで熱力学第二法則. 熱力学第零法則よれば、このときbとcとは熱平衡にあるから、この等温の決め方には矛盾がないことになります。 以下は論理学の話になりますが、対象とするものを、対象間に成り立つ関係によって分類しようとするとき、その関係が次の条件を満たしてい. . 2に,大気圧下で氷に熱量を供給した際の時間と温度の関係の概略を示す。0℃以下の氷を加熱すると,加熱に伴い温度が上昇する。この温度上昇分に相当する熱量が顕熱である。氷が0℃に到達すると,その後に供給される熱量は,氷の融解に充てられ,氷がすべて水に相変化するまで温度は0℃に保たれる。この際の熱量が潜熱であり,氷1kgを融解するために必要な熱量のことを融解潜熱という。同様に,水および水蒸気の温度上昇分は顕熱であり,水1kgを水蒸気に相変化させるために必要な熱量を蒸発潜熱という。 図1. では、熱力学第1法則の登場人物について、詳しく見ていきましょう。 熱量. 熱力学第1法則 内部エネルギー変化=加熱+仕事,としてエネルギー保存則が満たされる。 熱力学第2法則 ある種の巨視的な変化は不可逆である。 第0-2法則により,平衡状態について熱力学温度目盛とエントロピーを定義することができ,不可.

「お湯の入ったやかんを放っておくと、周囲の空気に熱が伝わりお湯が冷めていく」という例で説明してみましょう。 熱 力学 法則 注目するのは「やかん」です。 温度が下がるのはお湯で、温度が上がるのは空気。「やかん」なんて本質とは何の関係ないような気がします。実際、熱力学の教科書にも「やかん」の説明などありません。 でも、クラウジウスの定理を明確にするためにはやかんの考察が必要です。 やかんの役割は何でしょう? お湯が冷めるとき、まずお湯からやかんに熱が伝わります。 その後、やかんから空気に熱が伝わります。 言ってみれば、やかんは熱を伝える仲介役なのです。 熱移動では、多くの場合仲介役がいます。しかし、クラウジウスの定理の中には、仲介役のことは、何ひとつ書かれていません。 定理に仲介役のことが書かれていないのは、定理の成立に仲介役は関係ないということを示しています。 言い換えれば、どんな仲介役を使おうが定理は必ず成り立つということです。 やかんの材質や形状、色などを変えても、(冷める速度は変わっても)お湯が冷めることには変わりありません。 材質や形状だけには限りません。何しろどんな仲介役を使おうが成り. 18世紀まで,熱は「熱素」として自然界を構成する基本物質の一つとして認識されてきた。温度の異なる物体間での熱移動も,熱素が移動したものと考えられていた。 19世紀の中頃,ジュールは,図1. 熱力学第二法則には、表現方法がいくつか(沢山)あります。まずは、その中でクラウジウスの定理と呼ばれるものを紹介します。.

ぎまで考慮に入れることで、熱力学第二法則を(不等式ではなく)等式で表現する定理です。さら に近年、熱力学第二法則やゆらぎの定理は情報熱力学(注5)として情報量を含んだ形に一般化さ れており、情報と熱力学の関係が実証されています。. 熱力学第一法則を忘れない覚え方を知れる 「した仕事」「された仕事」の2パターンある理由が分かる. 「外部と何もやり取りしない状態で、いつまでも続く」ということをもう少し考えていきたいのですが、そろそろやかんの例えでは無理が出てきました。 バッテリーの容量が大きくなれば、それだけ長く加熱できます。バッテリーでなく、原子力発電所内蔵やかんだって考えることができます。そうなると、やかんの例では、加熱が止まる前に、お湯が蒸発してなくなってしまいます。イメージが湧きません。 ということで、お湯の変わりに熱源というものを導入します。いくら加熱しても蒸発して無くなったりしないものです。 それだけではありません。蒸発どころか温度も変わらないものを熱源と呼びます。熱を与えようが、熱を奪おうが、温度変化がないものを熱源と呼ぶのです。 「熱を与えても温度が変化しないなんてあり得ない?」 その通りです。でも想像することはできます。やかんの水に熱を加えて沸騰したとしましょう。それと同じだけの熱量をプール一杯の水に加えたらどうでしょう。プールの水は沸騰するどころか温度変化も少ないでしょう。 太平洋一杯の水なら温度変化など測定できないレベルになります。まだまだ行けます。想像するだけですからなんでもありです. 熱が関係するさまざまな現象を取り扱う普遍的な理論体系である熱力学は,熱平衡状態と経験的温度に関する第0法則,エネルギー保存則である第1法則,熱現象の不可逆性についての第2法則,そして絶対0度における状態に関する第3法則を基本法則とする. 高校物理では特に説明されることはないが, このような経験的事実の積み重ねで. このサイトでは高校物理の範囲を超える話題は原則扱わないことにしているので,第2法則の話もこれで終わりにしますが,本当はもっともっと深い法則です。 例えば,「省エネ」という言葉がありますが,我々は力学のところで「エネルギーは保存する」ことを学んでいます。 エネルギーは保存する(=使っても減らない)のに,どうして省エネにする必要があるのでしょうか? この問いの答えも熱力学第2法則が握っています。 もっと学びたい人は各自調べてみてください。.

力学的仕事WWJとは,力学的に伝達されるエネルギーのことであり,次式で定義される。 ここで,FFNは対象となる物体に対して作用する力であり,xxmはその物体の位置を表している。式(1)の積分区間を表す1と2は,状態1から状態2までの変化を表すものと定義する。すなわち,ある物体が力FFを受けて状態1の位置から状態2の位置まで移動すると,物体はWWの力学的仕事を受けることになる。例えば,ばね定数kkN/mのばねが,ばねの自然長からの伸びがx1x1mからx2x2mまで変化する際に,ばねに投入されるエネルギーは, となる。物理学では,この力学的仕事を単に「仕事」と表記することが多く,物体間の力学的仕事のやり取りを,「仕事をする」,「仕事をされる」と表現する。.